Google

2006年02月23日

パイプ手秤 500g

バッテリーやシャーシなど、大きな物はキッチンスケールで量れるが、小さなパーツの重さを量るには不便。


シンワ測定 パイプ手秤 500g
シンワ測定 パイプ手秤 500g
posted by なかなか at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

非接触型赤外線温度センサー計

モーターやアンプ、エンジンやタイヤの表面温度が計れる温度計。
非接触型赤外線温度センサー計は、ラジコン用のも多数販売されているが、特別な機能があるわけではなく、通常の赤外線温度計で十分。

離れたところから温度が計れる温度計非接触型赤外線温度センサー計
離れたところから温度が計れる温度計非接触型赤外線温度センサー計
posted by なかなか at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子メジャー

あまり使う事が無いかもしれないが、コースの距離を測ったりする時に役立つ。
直線が何mあるかを測るのに、通常のメジャーを使っていては、大変時間がかかるし、面倒。その点電子式メジャーなら、ボタンのワンタッチですぐさま答えが出る。
誤差1%と、精度十分で、逆に巻尺を使う方が誤差が大きいのではないかと思える。
人それぞれだろうが、値段が安いので、持っていて損は無いと思う。

電子メジャー 超音波で瞬時に測定!ワンタッチで距離・面積・体積がOK!UDM-01
電子メジャー 超音波で瞬時に測定!ワンタッチで距離・面積・体積がOK!UDM-01

posted by なかなか at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キッチンスケール

デジタルキッチンスケールは、レースの規定の車重測定に大変便利。
タミヤグランプリでは、TT01シャーシは全備総重量で1450g以上となっていることが多いのだが、これが結構微妙な数値。バッテリーによって、オーバーしたりするからだ。

我が愛車では、カスタムパック装着では1400g程度、1400レーシングパックでほぼピッタリ、2400でややオーバー、3600HVでは完全にオーバーする。
オーバーすれば、当然その分負担となるし、下回れば規定に引っかかる。
レース会場でも測定器はあるが、1台しか使えず、並ぶこともある。時間の無い時では、量れないこともあり得る。
そこで1台自分用に持っていると便利。値段も安く、小さいので持ち運ぶことも可能。
安いものの多くは1000gまでしか量れなかったりするが、ラジコン用では2000gまで量れないと意味がないと思われる。また2g単位の計測のものでは、精度に不満が起きる。1g単位での計測は必須だろう。

コンパクトでこの価格にびっくりデジタルキッチンスケール 2kg日本一安い送料500円均一1gずつ...
コンパクトでこの価格にびっくりデジタルキッチンスケール 2kg日本一安い送料500円均一1gずつ...

posted by なかなか at 01:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 周辺グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

ラジコン持ち運びに便利

ラジコンの持ち運びは、いつも苦労する。ボストンバッグでは大きすぎるし、小さなバッグでは入りきらない。ギリギリ入っても、つぶれてしまったり、タイヤなど一部はずす必要が出てくると面倒。
できれば普段使っているプラスチックのケースごと収納でき、プロポやバッテリーなども収められるサイズが理想。
欲を言えば、価格は5千円以下程度で、リュックとして背負えるとベスト−

と思って常に探していたのだが、店舗ではなかなか見つからず、サイズがあってもやけに高かったりしていたのだが、ついに理想的なものをネットで発見。

37(W)×56(H)x21.5(D)cmというサイズは、まさに1/10ツーリングがケースごと収納でき、ピッタリ。リュックとして背負えるので、腰に爆弾を抱える私にもok。
価格も1,580円だったので、即注文。

で、実際に使ってみると、もう手放せないほど私の使用にジャストフィット。
次のレースでも、きっと使っていることでしょう。

大容量シンプルリュックサック
大容量シンプルリュックサック

Nakabayashi コミック&ビデオコンテナキャパティ CBC−101 3個セット
Nakabayashi コミック&ビデオコンテナキャパティ CBC−101 3個セット
posted by なかなか at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

マシンの持ち運び・保存に最適なケース


自由に使える、重ねて便利!コミックやビデオの収納に最適!ナカバヤシ かたづけベストキャパ...

はっきりいって、市販されているRCバッグはデカイ。
パーツなどいろいろ持ち運ぶのは便利かもしれないが、私には大きすぎ。
そこでマシンの持ち運び・保存に最適なケースを探していたところ、1/10ツーリングカーに最適なサイズのケースを発見。ピッタリ過ぎてプロポなどは入らないが、予備タイヤ4本などは一緒に入れる余裕はあった。

ナカバヤシ株式会社製のコミック&ビデオ用コンテナ「CBC-101」で、
●本体寸法:W525×D238×H150mm
●有効内寸:W452×D187×H130mm
●本体重量:0.76Kg
とEPツーリングに最適!

私の所有するマシンでは、タイヤなどパーツを外すことなく入るが、もしかしたら1/10でも入らない物があるかもしれない。NSXやインプレッサ、Zで問題無かったので、大丈夫だとは思うが。
ちなみにGPのTG10mark1+インプレッサボディも問題なく入った。
多分markUは全幅の関係できついと思う。

ディスプレイ・輸送用にクリア(CBC-101C)を4つ購入。
余ったら予備パーツケースに利用する予定。
posted by なかなか at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。