Google

2009年02月17日

バカになったネジ対策


ABSなどのプラスチック素材である限り、脱着によるネジのゆるみは宿命ともいえる。
とくにタッピングネジはその寿命を余計早めるのは仕様。

しかし一部のネジのゆるみだけで大きなパーツを交換することになると、エコではないし、もったいない。

そこで対策としてRC仲間から聞いたのが、釣り用具店などで手に入る、板おもり。
これをバカになったネジ穴に詰め込むと、無事使えるようになるとのこと。
厚さなどで調整は必要だろうが、高いものでもないし、とりあえず買ってみた。
20090129_02.jpg

特に気になるのがTT-01のギアボックスの4本のネジ。
モーターを出し入れする度に外すネジなので、すぐゆるんでしまう。
まずはここから使ってみようと思う。
posted by なかなか at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジコングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114361180

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。