Google

2008年01月27日

08/01/26タミヤグランプリ東京大会

0801タムギアコース
GT3700とタムテックギアの2クラスにエントリー。
初めてのダブルエントリーとなった。

まずはミクシィの仲間がコンデレをゲットと幸先の良いスタート。

GT3700クラスはさらに2クラスに分かれ、予選第1レースでは45台中25位。
タムギアは初めて他の人のマシンと競争させるわけだが、あまりの自分のマシンの遅さに驚く。
4WDのGB-03ホットショットとはいえ、ストレートで2WDにちぎられるなど、遅すぎる。

GT3700は、予選第2レースを終え45台中31位と順位を落とす。
決勝足切りは30位と泣く泣く予選落ち。
タムギアは、あまりに遅いマシンを駆って予選第2レースを終え、なんとか決勝に食い込む。

どうやら同じ4WD車でも、特に遅いような気がしていたので、会場を巡回して偵察しているうちに、あることに気がつく。

(ピニオンだ!)

そう。このレースのためにモーター(スポーツチューン)を買っていたのだが、一緒にとりあえず買ったピニオンを歯の一番少ないヤツにしていたのだ。

すっとギア比の決まったツーリングのレースしか出ていなかったので気がつかなかった。

とここでバンド交換の要請が。

タムギアはノーマルの送受信機を使っていたのだが、予備クリスタルを持ってきていない!!
そこへオフィシャルの厳しい一言。

「バンド交換できなければ決勝走れないよ」

マイミクも予備を持っておらず、隣の席に座っていた人に聞いてみると、貸していただけるとの温かいお言葉。
そしてさらに歯の大きいピニオンも貸していただいた。
しかもしかも。タムギアは2本しかバッテリー持っていなかったので、追い充電までしていただいた。
本当にありがとうございます。

その方のおかげで、決勝は体感速度20%アップ。
(ギア比からの理論値ではやはり20%以上速くなっているはず)

しかし。
速くなればなったで問題が。

ジャンプ台での飛距離などが、予選の時とあまりに変わりすぎており、走行は乱調を極め、決勝では満足いく走りはできずじまい。

抽選も当たらず、トボトボと帰路へ向かうのだった。。。

が勉強になることは多々あったので、次には活かせそう。
posted by なかなか at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | ツーリングカーレース参戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

ボディ収納ケース作成

0801ボディ収納ケース0801ケース補強
ラジコンのボディが非常にかさばるので、あまり使わないのをまとめた。

ボディを箱(タミヤの紙箱)に入れて管理している人が多いと思うのだが、1つの箱だと、1つしか入りません。
ぺったこんこボディなら2つ、3つ入る場合もあるだろうが、やはり不便。

でそこで2つの箱をくっつけて、4つのボディが入るようにしてみた。

作り方は簡単。

1.同サイズの紙箱を2つ用意し、1つの底をカッター等でくりぬく。
2.底をくりぬいた、側面部分だけをガムテープ等で、もう1つの箱の側面に接着。側面の壁を2倍に高くする要領。
3.蓋側の箱もしくは1でくりぬいた底面をカットし、2で延長した箱の側面の補強をする。
4.蓋をかぶせてできあがり。

Mシャーシのボディ2枚とツーリングのボディ2枚でもバッチリ入って、狭い我が家でなんとか収納できるようになった。
posted by なかなか at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジコングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

タムギアホットショット購入

0801GB-03ホットショット
タムテックギア ホットショットセット
タムテックギア バッテリー
タムテックギア スポーツチューンモーター

ついに噂のタムテックギアを購入。
今までは新形状のバッテリーを新しくそろえるのがイヤで敬遠してきたが、おじさんユーザーとしてはGB03ホットショットは見逃せなかった・・・。

で、いきなり来週土曜日のレースに参加登録。
タミグラは規定でチューンドモーターの着用になっているので、あわせてアキバで購入。残念ながらバッテリーは品切れで1本しか買えず・・・
バッテリー計2本でレースに臨むという無謀な挑戦。

タムギアというニューマシンの感想は
「丁度いいサイズ。しかし遅い!」

今まで1/10サイズばかりだったのだが、正直デカすぎ。
持ち運ぶのが不便な上、子供達は重くて持てない。
タムギアのバギーGB-03は1/12サイズということだが、これ以上小さいと、ギャップや草で足をとられるだろうし、想像以上にいい感じ。

しかし困るのが想像をはるかに越える遅さ。
どうもギアボックスのカバーのビスを締めると、とたんに動きが渋くなるようで、レースまでに調べねばいけないところ。
posted by なかなか at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小型車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。