Google

2005年03月31日

ダート走行

久しぶりに夕方に近所の砂利敷き公園で、ダート走行させるも、数分でロック。
防塵対策のタッパーにより、アンプがオーバーヒートでもしたか!?
と思い確認するも、大丈夫そう。

小石も除去するが動かず、ギアボックスを開けても見当たらない。
まさか?と思いピニオンを回すもモーターは動かず。
ヨコモのプロストック15Tが逝ってました。
モーターカンからの小石の侵入による模様。

モーターをスポーツチューンに換え(もちろんモーターの穴は塞いで)、走行を継続したが、足回りというか、アルミに換えたステアリングがビスが抜けやすくて2度締めなおす。
なんとかならないものか・・・

とりあえず、スパー58T−ピニオン25T(ギア比6.03)の組み合わせで、懸念していた立ち上がり速度は大丈夫。逆にギア比を上げて加速を重視すると、ダート路面によりスタートでホイルスピンしそう。
ベアリングは奮発してラバーシールに換えておいて良かった感じ。
posted by なかなか at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | EPツーリングカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

4/2「第3回 オフロードミーティング イン 横浜」予定

郵送されてきた内容によると、4/2の「第3回 オフロードミーティング イン 横浜」の進行予定は、

09:15 練習走行、受付開始
10:30 ドライバーズミーティング
11:00 予選第1レース
13:00 予選第2レース
14:30 決勝レース
16:00 表彰式、抽選会

とのこと。学校の行事があるので、前回に引き続き、また表彰式・抽選会は出れなそう。
15:30位には現地を出たいので、もしかしたら決勝もパスすることになるかも・・・
posted by なかなか at 02:53| Comment(8) | TrackBack(0) | ツーリングカーレース参戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

4/2「第3回 オフロードミーティング イン 横浜」参戦決定

先に申し込んでいた、4/2の「第3回 オフロードミーティング イン 横浜」では、ラリースポーツクラスにエントリーしていたのだが、受け付け用の封書が届く。
バンドは07での登録となった。

前回のように、初めての人用の案内は含まれていなかったが、相変わらず新製品案内のチラシが同封されていた。

今回の会場はこどもの国内総合グラウンドということで、こどもの国への入場料が必要となる、とのこと。
また、会場オープン時間が前回の浅草戦に比べてずいぶん遅くなっていて、助かる。
前回は朝キツかった・・・・
posted by なかなか at 15:21| Comment(4) | TrackBack(0) | ツーリングカーレース参戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

4/2「第3回 オフロードミーティング イン 横浜」申込み

今更だが、次戦4/2「第3回 オフロードミーティング イン 横浜」の申し込み用紙を投函。

秋葉原でサンワのシンセサイザープロポを16000円弱で購入。
その他パーツを購入し、組み込む。
次はダートなので、防塵対策にタッパーを100円ショップで購入。一番小さいと思われる3個セットのものを買うが、家で乗せてみるとそれでも大きすぎた。とりあえず、しばらくはこれで様子を見る予定。

ステアリング、センターシャフトをアルミ化、リアのトーインアップライトをつける。
サスアームがシャーシのバンパー部品にあたるので、その部分を削り、車高を数ミリ上げる。
ダンパーをオイル式のCVAスーパーミニに換える。
何年ぶりかにオイルを注入し、手がベトベトに。

ダンパーと車高は、レースが終わり次第戻し、その他はそのままの予定。
ステアリングはガタがほとんど無くなるほど効果てき面。ただ、ノーマルでも同じだが、上下方向への対応がほとんどできない仕組みでがっかり。
posted by なかなか at 00:58| Comment(9) | TrackBack(0) | ツーリングカーレース参戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

タミグラポイント

タミヤから封書が届いた。
なんと!表に「あなたのタミヤGPポイントは 1 Pです。」と印刷されている!
参加するだけで、とりあえず1P加算なのか、それとも決勝まで進んだからなのかは不明。

中には前回のタミヤグランプリイン東京の結果表と広告、そして「タミヤグランプリ イン 富士スピードウェイ」の参戦申し込み用紙が!
・・・無理。遠すぎ。でも募集人数が70名になっているところを見ると、沢山集まりそうではある。でもまあ、タミヤサーキットよりは近いか。
posted by なかなか at 03:09| Comment(4) | TrackBack(0) | ツーリングカーレース参戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

モーターの選び方

最近のモーターは「ターン」「T」などと表記されていて、昔のように○○rpmとか、トルク××kg、高率△%といったものではない。
そこで、「ターン数」、「ダブル/トリプル」について調べてみた。

続きを読む
posted by なかなか at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | セッティング技術メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

4/2「オフロードミーティング イン 横浜」はラリーで

4/2(土)の横浜町田こどもの国か、4/3(日)お台場戦に参戦するか、はたまたダブルエントリーかで悩む。
とりあえず田宮模型のHPから両方の申込書をダウンロードして、印刷。

こどもの国戦はダートなので、こちらにしようと思うが、今度は出場クラスに悩む。
前回のTT-01でラリークラスに参戦するのもいいし、ダートの4WDクラスに、ビッグトラックで参戦するのも面白そう。
どうしようか・・・
最終的に、ラリーで確定。
さ、ダート用に整備せねば・・・
posted by なかなか at 22:42| Comment(9) | TrackBack(0) | ツーリングカーレース参戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

マシンの持ち運び・保存に最適なケース


自由に使える、重ねて便利!コミックやビデオの収納に最適!ナカバヤシ かたづけベストキャパ...

はっきりいって、市販されているRCバッグはデカイ。
パーツなどいろいろ持ち運ぶのは便利かもしれないが、私には大きすぎ。
そこでマシンの持ち運び・保存に最適なケースを探していたところ、1/10ツーリングカーに最適なサイズのケースを発見。ピッタリ過ぎてプロポなどは入らないが、予備タイヤ4本などは一緒に入れる余裕はあった。

ナカバヤシ株式会社製のコミック&ビデオ用コンテナ「CBC-101」で、
●本体寸法:W525×D238×H150mm
●有効内寸:W452×D187×H130mm
●本体重量:0.76Kg
とEPツーリングに最適!

私の所有するマシンでは、タイヤなどパーツを外すことなく入るが、もしかしたら1/10でも入らない物があるかもしれない。NSXやインプレッサ、Zで問題無かったので、大丈夫だとは思うが。
ちなみにGPのTG10mark1+インプレッサボディも問題なく入った。
多分markUは全幅の関係できついと思う。

ディスプレイ・輸送用にクリア(CBC-101C)を4つ購入。
余ったら予備パーツケースに利用する予定。
posted by なかなか at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

3/6「タミヤグランプリ東京大会」結果は・・・

タミヤグランプリ東京:浅草ROX3スーパーマルチコート

ついにレース当日。
サーキット自体で走らせたことがないので、初コース・初レースとなった。
私が登録したビギナーズクラスでも、100台近いエントリーがあり、全てのクラスを合計すると、300近いエントリーがあり、大盛況ぶりに驚く。
200503浅草1

続きを読む
posted by なかなか at 15:10| Comment(5) | TrackBack(0) | ツーリングカーレース参戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

TT01試走

近所の公園には、舗装されたスペースがあるので、そこで試走。
残雪により路面の状態が悪く、スピンを繰り返す。

ノーマルモーター+ノーマルタイヤでも十分ドリフトしている。
ノーマルの540モーターを、タミヤ製ストックモーター(TZ)に変更すると、抜群のスピードを呈す。逆に540モーターは、こんなに遅いものなのかと不安になる。
posted by なかなか at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングカーレース参戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーターとバッテリーの慣らし

全ての組立が完了し、モーターとバッテリーの慣らし運転を行う。
タイヤを浮かせ、プロポ(送信機)のトリム調整で、自動でバッテリー1本分慣らすようにする。
慣らしが終わると、バッテリーを完全放電+充電。
posted by なかなか at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | EPツーリングカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

ボディ塗装2

シトロエン・クサラのボディを塗装したが、サイドミラーやリアウィングといった、ポリカーボネートではない、樹脂製部品を塗装する塗料が無いことに気付き、急ぎ秋葉原へ。

塗料のほかに、タミヤグランプリの規定により、クラスで使う22Tピニオン・ギアを購入。23Tとセットになっていた。
また、前後スタビライザー、アルミセンターシャフトドライブも購入するが、今回の使用は見送る。
posted by なかなか at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングカーレース参戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

ボディ塗装

シトロエン・クサラのボディを塗装する。
イメージはズバリ「愛知万博」。
白をベースに森をイメージした緑を合わせる。
イマイチ地味な感じに仕上がる。
posted by なかなか at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリングカーレース参戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。